オンラインゲームをつくってみる

本記事はmast Advent Calendar 2018の記事です
https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fadventar.org%2Fcalendars%2F3322

前日の記事はこちらです。

https://rongrong.hatenablog.jp/entry/2018/12/20/225558

初めに

情報メディア創成学類の岩崎です。何を書こうか迷ったのですが、この機に前から作りたいとおもっていたオンラインゲームをUnityで作りたいと思います。

システム概要

システムとしてはherokuに建てたサーバーとローカルのゲームクライアントでwebsocket通信をします。オンラインゲームとかだとPhoton Cloudをつかうのが一般的なのかもしれないですが、何となく自分で全部つくってみることにしました。そのせいで、最低限の機能しかつくれなかったのですが……。
最初はwebglで書き出して、ブラウザ上でゲームができたら最高だなと思っていたのですが、実行ができなかったのでmac用、windows用で書き出しました。いまの時点ではまったくゲーム性がないのでこれからちょくちょくアップデートしていきたいとおもいます。
ちょっとあれなプログラムなので指摘してもらえれると幸いです。
サーバー側。
https://github.com/rikutkb/game_server
クライアント側
https://github.com/rikutkb/game_client
仕組みとしては、ユーザーから入力があるとサーバー側にJSONをおくりつけて状態の更新をしらせます。それをうけたサーバー側は全ユーザーに全ユーザーの状態の情報をおくります。今の時点ではユーザーの位置しか送信していないので、ほかのユーザーからみると、ただうごいているようにしか見えないです。

 

プレイ方法

 

macos

https://github.com/rikutkb/websocket_mac

ここからダウンロードして実行するだけです。

最後に

今回はいろいろとやってみたかったので自分でつくってみましたが、めんどくさいですね…….

まだ全然機能ないのでこれからいろいろついかしていきます。

heroku のサーバー使ってるんですが、ちょっと遅いので本格的にやるときはどっか日本のサーバーをレンタルしてやってみたいですね。以上です。ありがとうございました。

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com で新しいサイトを作成
始めてみよう
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close